7月25日(火)
6:15出発、220号を南下。
一度北上してえびの高原に行くかどうか迷ったが屋久島で坂登りに飽きたので辞める事にした。
結果的にこれは正解でこの時えびの高原は雨で被害が出ていた。
大隈半島を横断して串間で448号に移ると都井岬の向こう側で道路が崩落していて全面通行止めの看板があった。
都井岬は諦めて迂回路を通る事にする。
途中の串間温泉に寄ると大浴場が工事中orz。
露天風呂のみの営業だが泉質が良かったので良しとしよう。

多分アルカリ性低張性高温泉の掛け流しだ。
泉質は九州でも上位。
迂回路は山越えの道だったが車通りがまったくなく快適だった。
海側に出て名高い日南フェニックスロードだ!

…まあちょっと景色のいい海岸道路です(笑)。
距離が短かければ北海道にも四国にも沖縄にもこのぐらいの道路ありました。
それ程期待するものでもなかったようです。
道の駅「なんごう」でマンゴーカレー(580円)とマンゴーアイス(250円)

そして今日は漕ぎまくって19:10宮崎。
宿はビジネスホテル都(3675円)。
晩飯は文猫さんに教えてもらった「丸万本店」。
地鶏のもも肉丸ごと一本を開いて切れ目を入れて焼いた物(1100円~)。

ブロイラーと違って肉が硬く噛み応えがある。
両手に持って齧り付いて食いちぎるのが正式な食べ方らしい。
噛めば噛むほど味が出てきて美味い。
他にモツ焼き(レバーと野菜炒め)と

おにぎりとウーロン茶で2000円。
もも焼きをもう一本食べたかったがそうすると他の料理が腹に入らなかっただろう。
(この日の走行距離169.04km)

http://route.alpslab.jp/fslide.swf

 
7月26日(水)
7:15出発。
10号で延岡まで90km。
狭くて交通量の多いツマラナイ道だった。
道の駅「日向」でまず「お船出の湯」に入る。

湯船が総ヒバ材で出来ている。
昼飯は日向鶏骨付きカレー(600円)。

骨付き肉はカレーの中にもう一本隠れていた。
延岡で218号に入り高千穂へ向かう。

青空橋まで来た所で雨が降り出した。
その後はザーザー降りだ。
民家の軒先を借りて小雨になった時を狙って少しずつ進む。
18:45、製材所の軒先であと8kmある。
やばい。
製材所の人が出てきて色々話をしていると19:15にもう暗くなり本格的にやばいという話でじゃあ軽トラックで送ってやると言ってくれた。
「何もお礼が出来ません。」
「お礼は期待してないから。」
という訳で高千穂YH(素泊まり3800円)に到着。
握手して貰ってトラックが見えなくなるまで何度も礼をした。
宿の人に「20:00に夜神楽ですよ。」と言われて早速連れて行ってもらう。

1時間の神楽を見終わると次は夏の間だけライトアップされているという高千穂峡の真名井の滝に連れていってもらった。
明日もう一度見に来よう。
(この日の走行距離136.94km)

http://route.alpslab.jp/fslide.swf

広告