以下2chのテンプレ
1. TSDemux.exeと、FAAD.exeと、TMPGEnc Plusを用意する。
2. TSDemux.exeでtsをLOADし、SAVEするとm2vとaacが出来る。
3. m2vをTMPGEncの映像ソースに指定する。
4. aacファイルをFAAD.exeのショートカットにD&Dするとwavファイルが出来る。
5. wavファイルをTMPGEncの音声ソースに指定する。
6. wavのファイル名が例えば「(delay -384ms)」なら、TMPGEnc→設定ボタン→ビデオ詳細 タブ→「ソースの範囲」をWクリック→「音ズレ補正」に、「384」と入力。
7. NHK紅白歌合戦やNHK歌謡チャリティーなどの番組は音声が5.1chなので、必要に応じて CoolEditProなどの波形編集ソフトで、wavを2chにダウンミックスする。
8. 1024×576のように720×480より大きいサイズでエンコする場合、TMPGEnc→設定ボタン →ビデオタブ→「プロファイル&レベル」をMP@HLに指定する。
9. MP@HLの動画を再生するためには、WinDVD4のようなMP@HL対応のデコーダが必要。
10. TMPGEnc→「ファイル」メニュー→「MPEGツール」→「分離」でm2vファイルを指定すれ ば、1920×1080 20000kbpsなどと出る
 
 
 
 
 
自分の取った方法
 
インストール
1. CoreAAC-1.2.0.575-3と、aac_parserと、TMPGEnc(3.0|4.0)XPressを用意する。
2. インストール。
3. この時点でaacファイルがメディアプレイヤーで再生できるかチェック。(CoreAACとaac_parserはDirectShowフィルターなので)
 
TSファイルの再エンコ方法
1. TSDemux.exeを用意する。
2. TSDemux.exeでtsをLOADし、SAVEするとm2vとaacが出来る。
3. tsファイルをTMPGEncの映像ソースに指定する。
4. aacファイルをTMPGEncの音声ソースに指定する。
5. aacのファイル名が例えば「(delay -384ms)」なら、TMPGEnc→カット編集→音ズレ補正に、「-384」と入力。 (delayの数字は実は当てにならないので調整する必要がある)
6. 後は通常通り。
 
TSDemux入手先
http://www.ogg.cn/software/index.html
から"TSDemux"で検索
CoreAAC-1.2.0.575-3入手先
http://tirnanog.fate.jp/mirror/Misc/
aac_parser(AAC parser filter for DirectShow)入手先
http://www.rarewares.org/aac.html
 
どうやらMPEG2-AACをtsファイルから直接読み込む事はTMPGEncはできないようだ。
今気づいたがts→ps変換すれば可能になるのかもしれない。
(どなたかツールを知ってたら教えてください)
同じaacファイルでもMPEG4-AACというのもあり、こちらはQTReaderとQuickTime6.5.2をインストールすれば扱えるようになるらしい。(未検証)
また5.1Ch音声の場合はダウンミックスが必要になり例えば以下のようにする。
>FAAD2でデコード、headac3heでダウンミックス。
これも未検証
TMPGEnc Authorではaacファイルを音声ファイルに指定する事が出来なかった。
 
追記:
VLCでts→psに変換できるので試してみたが無音のpsファイルが出来た。
MPEG2-AACに対応していないようだ。(tsを再生すると音は出るのだが)
 
広告