CATEYEのCC-RD100を購入した。

今まで使っていたのはCATEYEのCC-MT400
サイコンとしての機能には不満はなかったのだがツーリングでの不満が2点。
1:フロントバックを付ける時に邪魔になる。
2:輪行する度にセンサーがずれる。
1の問題は別売りの取り付けキットを買うとステムに付けられて解消するのだけど定価1418円もするので買わなかった。
新機種のCC-RD100は付属の取り付けバンドでステムにもハンドルにも付けられて2800円だったので買う事にした。
2のセンサーの問題はフォークがブレード型の断面のせいですぐずれるのだが新型は逆にブレード型だと収まりがいい。

これならずれて磁石と接触する事もなさそうだ。
重量も一応測った。
カタログ値の18g、28gは本体のみの重量。
センサーやバンドなど込みの重量はCC-RD100(ゴムパッドを使わない時)が35gでCC-MT400が45gだった。
機能的な変化は、
・周長の設定がcm単位からmm単位に変わった。
・時計機能を表示しやすくなった。
という所だ。
広告