mkvを見る際に障害になるのはスプリッターを入れる必要がある事だ。
どのメディアプレイヤーでも見たいとなるとHaali Media Splitterを入れるのがいい。
その辺拘りが無いのならMedia Player Classicまたは派生版のMPC-HCを使うのが一番楽。
Haaliの方が精度が良くシークの追従性が良いという話を聞くのであえて別途インストールしてもよいかもしれない。
その場合InternalFiltersのSourceFilterからmkvのチェックを外す。
Haaliで対応している物のチェックを全部外しても別に構わない。
 
最近mkvコンテナでH264の1920×1080p動画、字幕つきが出回るようになった。
とても再生の厳しい動画だがなんとかなった方法を紹介。
 
1:CoreAVCを導入(coreavc1500.exeの方)、MPC-HCでOutputをVMR9(renderless)やEVR Custom Pres.にして再生。
字幕は再生中に右クリックメニューでsubtitleを選ぶ。
MPCは独自に字幕再生機能を持っているのでこれが一番簡単でCore2Duo等のCPUで再生しやすい方法だった。
CoreAVCはマルチコアに均等に処理を振ってくれるので負荷も分散される。
問題は画面割れ(書き換えが見える事)が自分の所では起きた事。
Direct3D FullScreen(remove tearing)のチェックをする事で解消したが使い勝手はちょっと悪くなる。
 
2:ffdshow xxl版を導入、ビデオデコーダーの設定でコーデックでH264を選択、字幕もチェック。
ffdshowでもH264再生は可能だが基本シングルタスクで動作するので高負荷の動画では処理落ちするのが問題だった。
ところがxxl版の方にはマルチコアパッチがあたっていて不完全ながらマルチコア動作する事を最近知った。
この方法で再生する場合問題になるのはCPU負荷だ。
xxl版でも処理は2つのコアに均等に割り振られずCoreAVCを使う方法よりも高いCPU能力を要求する結果となる。
しかしffdshowで字幕を合成できる為レンダラーを好きな物が使える為負荷が低くて画面割れが起きないSystemDefaultレンダラーやオーバーレイレンダラーが使えるのが魅力だ。
字幕の画質がMPCより良いのもいい。
(追記:ffdshow_rev1730以降でclsid版でもマルチコア対応) 
 
3:PowerDVD7.3をインストールするとDXVAを使ってH264をデコードしてくれるらしい。
売り物だがビデオカードと組み合わせるとCPU負荷数パーセントで済むらしい。
(この時Haaliをアンインストールした方がいいらしい)
CPUの能力がまったく足りないと判断できたらこちらを使うのがいいか。
広告