購入記事を書いたシートポストだが通常使用に至るまで色々難航した。
まず櫓のサドルレールを嵌める溝が平面が出てない事に気づいた。
鋳造だと思うがバリというか肉の盛り上がりが削り取られてない。
棒やすりを使って平面を出そうと削った後がこれ
P1070521
銀色の所が削れた所で縁の部分が盛り上がっていてそこに乗っかっていただけなのがわかると思う。
ここまで削って平面を出すのは諦めて組み付けたら既に削り過ぎで溝の真円が出なくなっていたorz
普通の人は同じような物に出会ってもこんなに削らずにサンドペーパーで縁を舐めて後は見なかった振りをするのがいいと思う。
または何もせずにオークションに使用僅少と書いて出して損失を最小限にするかだ(^^)
さて、これはもうやってしまうしかないので溝の塗装を剥がして100円ショップで金属用のエポキシパテを買ってきて(本当に何でも揃ってるな)練って付けてサランラップを被せてサドルを組み付けてボルトを締めて整形したのがこれ
P1070562
最後に以前使用したタッチペンで塗装して終了
P1070565
溝が面でサドルレールと接触するようになったのでボルトの締まり具合が変わった。
こういう感触に安心感を覚える。
エポキシは極薄く付いているだけなので強度的には問題ないと思う。
取りあえず数キロ程度走って外して見たぐらいではなんともなってなかった。
次は軽量化。
M8×43mmの鉄ボルトをチタンボルトと交換。
P1070572P1070570
チタンネジの方は45mmあったので2mm削った。
そしてシートポストのパイプを2cmカットしてこうなりました。
P1070574
購入直後の重量が179gだから15g減。
パイプが分厚いだけあって2cmカットで8gも減った。
(注釈:カット後測った時に171gだった。合計が合わないのは誤差だろう)
ちなみにBontragerのRaceXLiteは2cmカットで6g減だった。
色々手の掛るシートポストだがパイプの肉厚があり剛性が高い割に軽いという特性はなかなか他にないと思う。
広告