Wiggleで3ヶ月前に注文してたのが届いた。
軽く忘れてた(笑)。
3T ARX Ltd Carbon Stem

ライズ角±6度
コラム高40mm
チタンボルト
実測重量110mmで119g。
カタログ重量と同じと見なせるのでサバ読み無しだ。
新3Tのパーツはネット上の実測報告を見るとどれもサバ読み無しで表記してるみたいなので重量面で信頼が置ける。
フルカーボンステムなのでCinelli Ram XL Oversized Stemと並べてみた。


極太のCinelli Ram XL Oversized Stemよりもさらに一回り胴体が太い、角断面でRitchey WCS 4-AXIS 44と似た設計思想を感じる。
これだけ太いのに軽いという事で中はこうなっている。

アルミステム並みの皮の薄さでカーボンでこんな事して大丈夫かいな?と思ってしまう。
でも良く考えたらカーボンドロップハンドルが成り立つぐらい丈夫なのだからちゃんと作れば平気なのだろう。
組み付けてみた。

太すぎてちょっとバランスが崩れてるな(笑)。
白黒の配色なのでデザイン的な主張はそんなに激しくない。
上からみると3Tの文字がどんとある。

化粧カーボンは使ってなく艶消し黒の素材の上に薄いクリアが掛っているだけなのがわかる。
重量増になる無駄は徹底的に省いた結果だろう。
クリア塗装は2液混合型の硬い塗膜っぽい。
細かい泡が入っていて曇っているからなんとなくそうだと思う。
 
さて実走。
剛性は並。
ただ胴体が太いお陰である所で踏ん張り出す感じがある。
大きな撓みは抑えられている気がする。
フルカーボン製のステムの割りには振動吸収性は悪い。
マテリアルの量が少ない為だと思うが吸収できずに伝わってしまうのだろう。
全体ではこの軽さでこの性能はかなりの物と言うべき。
軽量化も考えるなら狙い目だと思う。
ロングライドならCinelli Ram XL Oversized Stemにも魅力があるかな。
あちらの方がしっかりしてるのに手が疲れない。