5月31日
朝食前に虹の松原を散歩。
散歩道は無く何処でも歩いていいようだ。
林の中は厚い松葉の層が出来ていてふかふかしている。
防風林として植えられた物で海側の松は一様に斜めに生えている。

 
8:00朝飯を食べて出発。
すぐに唐津。
唐津城。

樹齢100年の大きなフジ。

このフジは子供の頃に見た気がする。
本家が長崎だから小さい頃ここに来た事があるのかもしれない。
 
204号を走り呼子へ。

呼子の朝市は三大朝市の一つだそうだ。
三大なんとかって多いよなと思ったらこんなサイトを見つけた。
本当に多かった。
とりあえずうろつく。

イカが4~6杯で1000円とか梅1kgで250円とか安いです。
あちこちツーリングして思ったけど九州四国は食材がほんと安い。
でも人件費が高いからお店で食うとそんなに安くはない。
自炊すると良い場所だ。
沖縄は人件費が安いのでお店で食うと安いが自炊は高くついたりする。
さて、呼子といえばイカ。
イカ本家本店でイカ活造り定食(2625円)と板ウニ(1260円)。

…頼み過ぎちゃった、てへっ。
イカは先まで生簀で泳いでた物でまだ足が動いている。
透明でプリプリした感触で美味い。
それに画像では奥でわかりづらいけど大きい。
適当に刺身で食べて残りは天ぷらにしてもらった。
板ウニは普段2000円のが採れる時期なので安くなってた。
東京辺りで出てくる板ウニと違ってどっさり盛ってあって量がある。
旬の物だからこれも当然美味い。
半分はご飯に乗せてウニ丼で片付けた。
 
風の見える丘公園から呼子大橋。

こういう風景は沖縄にはないね。
沖縄は良い所だけど全てがある訳ではないから、旅に出ると足りなかった物が補充される気がする。
 
道の駅桃山天下一で甘夏ソフト(300円)

一口目で甘夏の味が広がり美味しい。
柑橘系のソフトで初めてのあたり。
成分の半分が甘夏ジュースという事でそれぐらい入れないと柑橘類の味が出てこないのだろう。
食感はロッテの爽に似ている。
 
204号をさらに走る。
浜の浦の棚田。

この辺から頻繁に棚田を見るようになる。
204号は昨日までの快走路とうってかわって山道でアップダウンが続き進まない。
既に予定よりも1時間押しぐらいだけど玄海海上温泉パレアというあまりにも色物臭い温泉を見つけたので入る(500円)。
循環ろ過塩素殺菌加温で駄目。
まあ期待はしてなかったのだが(笑)。
そして高串温泉(410円)
こちらも循環ろ過塩素殺菌加温。
泉質はぬるぬるしてパレアよりも良いが満足行く物ではない。
前回九州に来た時はすべて掛け流しだったのに比べるとハズす。
九州といえども佐賀長崎は他の土地並みか?
 
いろは島展望台。

絶景だ。
私のカメラでは景観をうまく収めきれなかったのが残念だ。
こういう時は広角が欲しくなる。
 
16:30やばいぞ。
いろは島展望台から見える海向こうの街が伊万里だから20kmぐらいかと思ってたら33kmの標識が出てきたorz
204号は最後まで山道が続きかなり体力と時間を奪われた。
伊万里到着は18:00。

今日の宿も事前に予約してあるのでそこまで行くしかない。
伊万里の大川内山に行きたかったのだがすっ飛ばす。
有田もすっ飛ばす。
朝通った唐津といい佐賀は焼き物の県なんだね。
19:30武雄温泉
日が非常に長い時期のお陰でなんとか暗くなりきる前に着いた。
武雄温泉元湯(300円)

単純泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
木造りの天井の高い湯殿に掛け流しの温泉だ。
ありがたい。
今日は疲れたので沁み入るようだ。
そして晩飯を食べて今日の宿は武雄温泉YH(3300円)。
 
今日の走行距離:128.99km