Dell 2209WAを購入しました。

今まで使っていたNANAO L565Aと並べてみた。

L565Aは17インチで2209WAは22インチで一回り大きい
L565Aはとても良いモニターだが購入は2003年、1280×1024の解像度はWindowsVISTAでは少し手狭だ。
ガジェットで色々状態表示しているのでその分横幅が取られてしまう。
VISTAはワイドモニターがいい。
最近は非常にモニタが安くなったが全てTN液晶、それでも試しに買ってみたらメインで使うには耐えなくて早速HTPC用のサブモニターに回った。
やはりL565Aと同じIPS液晶がいい。
そしてもう一つ、机の奥行きが45cmなのでそれで置ける奥行きの小さい物がいい。
そんなディスプレイ無い。
という事で1年ぐらい待ってたらついにDELLからそういうディスプレイが出た。
しかもキャンペーンで19800円(ドット抜け3年保証付き)。
IPSパネルはコストが高く今まで安い製品には採用されなかったが製造技術改良でコストを下げた新型のe-IPSというパネルが開発されてそれでこの価格が実現したらしい。
早速購入手続き、人気があって一ヶ月待ちだったが今日手に入った。
画質についてはネットで色々書かれていたが自分の感想はIPSらしいとても良い画だ。
視野角はとても広くてかなり斜めから見てL565Aよりも黒浮きが感じられる程度。
正面から見る限りはむらの無い均一な色が出る。
パネルのそばまで目を近づけるとギラつきはわかるがこれはそういう使い方をしない人には問題がない。
ガンマカーブが標準だと1.8ぽいがプリセットモードをマルチメディアに変えたら2.2になった。
ガンマカーブは1.8と2.2の2種類のレビューが出ているのでここに何か問題があるかもしれない。
あとは初期状態では非常に明るいので輝度を0まで落として終了。
他に画質に対する不満は無し。
調整項目は非常に少なくsRGBにする設定も良くわからないとか正確な色の再現に拘る人には問題があるが一般レベルでは問題にならない。
あと画質以外で気になった点は、良く出来たディスプレイスタンドだけど台座の幅が広すぎてキーボードと干渉する。
奥行きはL565Aと1cmしか違わないが同じ位置に設置するとL565Aよりもモニタ面が5cmぐらい前に出る。

という所、どちらも個人的な環境との相性なので本質的な問題ではない。
なによりもたったの2万円で買えるというのは大きい。
人に薦められる良いディスプレイだ。
広告