ATH-AD2000

ずっとATH-AD10というオーディオテクニカのヘッドホンを使ってたのだけど会社で使う用事があって持ってったら家で音を聞く事が出来なくなって不便だ。
気づいたらオークションで落札していた。
 
ヘッドホンの遍歴は思い出せる最初に買った物は耳栓タイプの7000円ぐらいの割りと良い物でその次がソニーの1万円の密閉型。
で、その後オーディオ評論家の故長岡鉄男先生がヘッドホンのレビュー記事を書いてて私的に使う物として選んだのがATH-AD10だったので真似して買った。
ATH-AD10はちょっと高域が強く低音が柔らかでクラッシック向けの音だと思う。
また抜けの良い音がして自分の好みは開放型だとわかった。
ATH-AD10の後にゼンハイザーのHD600も買ったがこちらは数年使用してから売り払った。
HD600の方が装着感はよかったが高音をわざと落としていて(ゼンハイザー曰くオーディオを通常の試聴位置で聞く状態に似せたロールオフだそうだ)モニター用に使うにはちょっと物足りなかった。
音楽を楽しむ為には良いヘッドホンだと思う。
 
そしてこの度発売当初から注目していたATH-AD2000を入手。
磁器回路にパーメンジュールを採用している。
スピーカーユニットでパーメンジュールを採用した物は何十万円もするからそれに比べると格安だ。
もっとも使用量も格段に違うから安いのは納得できる部分もある。
ちなみにこの機種がネット通販で4.6万円なんて安い価格で買えるのは日本だけで(私は中古だったのでもっと安かったです)海外では6~7万円程度の値段が付いていてゼンハイザーのHD650よりも上の機種扱い。
AKG K701なんて日本では8万円のタグが付いているが海外相場では3万円以下の機種。
という訳で本当の高級機で日本で買うと本当にお得。
 
さて試聴、音はビックリする程良い。
好みではないと言う人がいても音が悪いと言う人はいないだろう。
情報量が多く開放型なのにガッチリとした良い低音が出る。
それをベースに中域高域が乗っかってるのでバランス的には低音よりの地味目の音に聞こえるが非常にバランスの取れたジャンルを選ばない音。
ネットのレビューを見ると装着時の側圧の高さが欠点として上げられているが中古で買ったお陰か私のはそんなに強くなかった。
という訳で総合的に良い買い物だった。
 
追記:
重量はカタログ値250gだが実測275g(コード部は秤に載せず)。
ATH-AD10も実測は300g(カタログ値280g)超えてたはず、軽量パーツのサバ読みは何処でもやる。
広告